仕事も早めに切り上げることができて、同僚と一緒に居酒屋の暖簾をくぐりました。
いつものごとく生ビールとつまみを注文、ここから彼にいろいろ話をしてもらうことができました。
生ビールを美味しそうに飲み込んだ後、こういったのです。
「割り切り掲示板みたいな無料のサービスって言うのは、実は利用しちゃいけないところなんだぞ」
「だって専用の掲示板だろ?相手探しはバッチリなんじゃないのか?」
「考えが甘いよ。
よくよく考えてみれば分ると思うんだけどさ、無料だから誰でも使えるわけだろ」
「だからお小遣いが欲しいような女の子だってくるんじゃないの?」
「逆に悪質な人間の方が気軽に入り込みやすいって思わないか?」
彼に言われてはたと気が付いたのです。
悪意のある人間も気軽に使うことができる、インターネットの世界は顔が見えませんから相手を騙すことはとても簡単です。
なんでこの事に気がつかなかったんだろうって感じでした。
「誰でも使えるような掲示板は、結局は詐欺行為を働く奴らがたくさんいるんだよ。
本人確認とかもする必要ないだろう、だからさぁ気軽に悪事を働けるわけ。
置き引きの被害はもちろんの事だけど、美人局なんて言うのもあったりする」
「それって本当なのか?」

「本当も本当だよ。
さらに未成年の援助交際の巣窟にもなっちゃっているからね、下手をすれば警察の厄介になることに」
彼の話を聞くと震えがくるような思いでした。
確かに彼の言う通り、誰でも利用することができると言う事は、危険な人物が簡単に入り込みやすいと言う事になるのです。
それとも知らずに気軽にセックスできると思って、13万円も盗まれてしまったのでした。
ではどのようにした安全に相手と知り合うことができるのだろう?この時、このような疑問が頭をよぎりました。